皮下脂肪より内臓脂肪の方が危険な理由

危険

 

体脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪とがありますが内臓脂肪のほうが危険だと知ってましたか?しかも内臓脂肪は見た目ではわかりにくいので余計タチが悪い。痩せているように見えて実は内蔵に脂肪がたっぷりついていたということもありえるので注意が必要です。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

男女でつく脂肪が違う

そもそも内臓脂肪と皮下脂肪の違いはなんでしょうか。一番わかりやすい違いは脂肪のつく場所ですね。内臓脂肪は文字通り内臓につくのでお腹周りが太くなってきます。男性によく見られる体型です。ビール腹と言われたりもしますね。

一方で皮下脂肪は全身にまんべんなくついていきます。こちらは女性によく見られる体型ですね。首や二の腕おしりなどがふっくらとしてきてスタイルにもろに影響します。女性らしい体型とも言えますがボディラインが気になってくるところです。引き締まったカラダを手に入れるにはこの皮下脂肪を撃退する必要があります。

このように男性はお腹が出る内臓脂肪がつきやすく、で女性は全身がふっくらする皮下脂肪がつきやすいという特徴があります。皮下脂肪がつきやすいのは女性ホルモンが影響しています。そのため閉経後など女性ホルモンの分泌が減少すると女性でも内臓脂肪がつきやすくなります。

しつこいのは皮下脂肪

そのほかの違いとしては脂肪のつきやすさがありますね。内臓脂肪は交感神経の支配が大きく、刺激に反応しやすい性質があります。そのため太るときは内臓脂肪からついていき、痩せるときも内臓脂肪から痩せていきます。つきやすいけど落としやすいのが内臓脂肪の特徴ですね。

一方で皮下脂肪は内臓脂肪とは真逆で脂肪はつきにくいけど一度ついたら落としにくいという性質があります。胸はすぐなくなるくせに、おしりやお腹周りなどの一番落ちて欲しい場所が落ちにくかったりします。これが皮下脂肪の厄介なところですね。

関連記事:胸は落とさずにお腹は落としたい!黒酢ダイエットで部分痩せは可能なのか?

 

メタボになるのは内臓脂肪

同じ脂肪でもメタボリック症候群をはじめ生活習慣病の原因になると言われているのが内臓脂肪です。内臓脂肪が多いと言われるのは男性だと腹囲85cm、女性だと腹囲90cmからですね。お腹に力を入れた状態でつかめるのが皮下脂肪でつかめないのが内臓脂肪なので、お腹が出ているのにあまり肉がつかめないとメタボを疑ったほうがいいかもしれません。

メタボになる条件

腹部肥満(男性85cm以上、女性90cm以上)

かつ

以下の3つから2つ以上

脂質異常

高血圧

高血糖

このように内臓脂肪はメタボに必須の条件なんです。皮下脂肪はどれだけたまってもメタボとは診断されません。この例からもわかるように内臓脂肪はスタイルが悪くなる以上に健康に深刻な問題を引き起こすのです。

 

なぜ内臓脂肪だとダメなのか

内蔵に影響を与えやすい

内臓脂肪は文字通り内臓につく脂肪なので内蔵にもろに影響を与えます。皮下脂肪から出る脂肪は静脈を通って全身を巡りますが、内臓脂肪から出た脂肪は肝臓に流れ込みます。代謝の中心をになっている肝臓に大量の脂肪が流れ込むことで脂質異常を引き起こすVLDLが増加するのです。(VLDLは脂肪がタンパク質と結合して血液中に溶けやすくなったもの。)この脂質異常は脂肪肝の原因になり高血圧と相まって心臓病や脳卒中を引き起こします。

 

糖尿病の原因にもなる

内臓脂肪から出される脂肪が多すぎると肝臓でのインスリンの利きが悪くなり、血液中に流れ込むインスリンが増加し高インスリン症になります。高インスリン症は高血圧や糖代謝の悪化を引き起こし心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病の原因になります。

さらに内臓脂肪型肥満は皮下脂肪型肥満に比べて二型糖尿病になりやすいこともわかっています。

 

アディポサイトカインが多い

脂肪細胞はただ中性脂肪を溜め込んでいるだけではなく、アディポサイトカインというホルモンのような物質も分泌しています。アディポサイトカインには悪玉と善玉があるのですが肥満になれば悪玉が増加して善玉が減少することがわかっています。

さらに内臓脂肪は皮下脂肪に比べてこのアディポサイトカインの分泌量が多いので、内臓脂肪が増えると悪玉アディポサイトカインが激増して脂質異常や高血圧、高血糖などの生活習慣病の原因になるのです。

 

内臓脂肪も皮下脂肪も所詮は脂肪

生活習慣病の原因になるのはおもに内臓脂肪のほうですが、女性にとったら皮下脂肪も死活問題なのは間違いありません。たとえ今は気にしていなくても女性ホルモンが減少すると同時に内臓にも脂肪がつきやすくなるので、女性だからといって油断はできません。早いうちに太る生活習慣を見直してスリム美人の生活習慣に切り替える必要があります。黒酢ダイエットではその第一歩として間食を減らすことをおすすめしています。

関連記事:意思が弱くても大丈夫!頑張らない黒酢ダイエットなら辛い食事制限もなし

内臓脂肪も皮下脂肪も同じ脂肪です。脂肪を落とすにはダイエットしかありません。粛々とダイエットを続けていれば必ず落ちていきます。ダイエットはゆるく長くが成功の秘訣。頑張らない黒酢ダイエットで命と美容の敵、体脂肪を撃退してやりましょう。

黒酢サプリおすすめランキング

三黒の美酢

三黒の美酢
2015年度黒酢にんにくランキング第1位!

満足度92.4%の実力派黒酢サプリがなんと1日34円で試せて、しかも15日間の完全返金保証まで付いています。初めての方にはうってつけの黒酢サプリです。

黒にんにくはもちろん、黒酢の原料である玄米、さらには黒卵黄油の鶏のえさまで農薬を一切使用しないというこだわりぶり。どれを買うか迷ったらこれに決まりですね。

黒美妃

ダイエットと美容に効果的な素材をとにかく詰め込んだ大人のダイエットサポートサプリ

日常生活で年齢を感じる場面が増えてきた人にぜひおすすめしたいのがこの黒美妃です。厳選された10種の黒素材と5種のダイエットサポート素材があなたのカラダを体質から変えていきます。

黒酢サプリにしては高めですが、続くかわからないヨガ教室に通うよりは断然安いですよ。

濃縮元氣もろみ酢

濃縮 元氣もろみ酢
長寿の国、沖縄の豊かな自然が生んだ1粒

泡盛のもろみ粕から作られるクエン酸が豊富なもろみ酢に加え、「1株食べると1日寿命が伸びる」と古くから沖縄の滋養食として珍重されている長命草まで、沖縄ならではの食材がふんだんに使用されています。

品質管理も徹底されているので、非常におすすめできる黒酢サプリです。

      2016/09/24

 - 黒酢ダイエットをするうえでの基本知識